オフィスで使うウォーターサーバーを選ぶにあたって

###Site Name###

現在、一般家庭でも人気のあるウォーターサーバーですが、その発祥は法人向けサービスによるものでした。

ではオフィスなどにウォーターサーバーを設置する上でどのような準備をしていけば良いのでしょうか。
まず、ウォーターサーバーを利用する予定の人数を確認します。


水を飲む人数が増えれば増えるほど消費量が大きくなります。トータルコストを把握するためには、おおよその水の消費量を把握する必要があります。

エキサイトニュース情報は初心者にも分かりやすいです。

次に準備しておきたいのが、どのような目的でウォーターサーバーの水の種類を選ぶのかということです。

コストを抑えたいのであれば比較的安価なRO水、予算は大丈夫だからとにかく水の味にこだわりたいのであれば天然水を選ぶと良いでしょう。



このようにその時々の経営状況や会社としてのこだわりなどを考慮しつつ検討してみてください。


ウォーターサーバーを導入した後は、オフィス内にボトルの保管スペースが必要となります。

特徴のあるウォーターサーバー情報の理解したいならこちらのサイトです。

ボトルは、ワンウェイかリターナブルのいずれかの宅配方式でオフィスに届けられます。

ワンウェイ方式は、ボトルが使い捨てなので水の消費量が多いとその分処分が大変になります。

一方リターナブル方式だとボトルは回収してくれますが、回収に来てもらうまで使用済みのボトルを保管しておく空きスペースが必要となります。


このことから処分に力を入れるのであればワンウェイ方式、十分に空きスペースを設けておくのであればリターナブル方式を選択すると良いでしょう。